お店の場合、読めない店名とかたくさんありますよね、ということは業態や立地の認知が 先で、店名よりも何屋かわかる、ということが記憶に残せる大事なポイントのような気がし ます。

 あとはムードが良さそうとか、行列があるからおいしいのではとか、いろんなことが重なって記憶に残っていくのではと思います。

 大事なのは個性!

 やはり、あまり見た事がないとか、ちょっと他と違うね!とか、同じ業種業態の中でもちょっと違うね!というモノづくりが大事そうです。

 やはりそれも〝人を惹き付けるデザイン〟と同じことが言えて、全てのバランス感なのではと思っています。

 形、色彩、灯り、立地との相性、屋号、キャラクターなどのデザイン処理などなど、1つ のことではなくて、トータル判断されているのではと感じて、そういう発想を大事にデザイ ン業務をしています。

〝記憶に残るデザイン〟

とは、目に焼き付いた全体像をおぼろげでも忘れないバランス感なのかもしれませんね でも正解は場所での記憶には勝てませんが、人気店にするにはやはり発想のあるモノづくり が達成できていることが条件なような気がします!!

〜よっさんの大切にしていること〜

トータルデザインの観点からのモノづくりをさせてもらっています、ロゴ、マークやキャラクターなどのビジュアル処理などに重点を置いて、あとは店 内外のバランスの取れたデザイン性を提案しています、できれば少しでも記憶に残りやすくする、このことはとても大事なことなんだな!って思っています。